ドルポエリア

ドルポエリアのトレッキングは、このルートが開かれて以来、トレッカーよりとても愛されているコースです。

ドルポエリアはネパールの北西にあり、ダウラギリ山塊の後ろ側に位置しています。
このエリアは最も最近に開かれ、街から隔てられたエリアのひとつです。

これら未踏であった標高の高い谷は、1989年まで開かれていませんでした。険しい地形によって孤立し、この地域の人々は、ほぼ現代社会とは無縁のまま独自のライフスタイルを保存しています。

ドルポエリアは、長い間、部外者の手の届かないところに残っていたため、ここのチベット起源の人々のライフスタイルと文化はまだかわらず残っています。そして、その文化は世界でチベット仏教の最高の保存状態のよい場所の一つです。

このエリアの人々のホスピタリティーと豪華な景観は多くの登山者に魅了されているだけなく、それは多くの人にとって生涯にのこる経験となっています。そのため、シンハルツアーのクライアントの中でも愛され、人気のあるトレッキングのエリアの一つとなっています。

ドルポエリアのトレッキングはしばしば、チベタンの僧呂[グル リンポチェ]によってつくられた、隠された谷へのトレッキング、ネパールヒマラヤ巡礼トレッキングと呼ばれています。
そして、人類文学とチベット仏教を研究する方からは生きた博物館のように扱われています。

ほかの観光地域から隔たれた、ネパール最大の国立公園、Shey Phoksundo国立公園はShey Phoksundo湖のクリスタルのような輝き、岩、森、雪帽子をかぶった山々の景色が美しい世界の隠された自然の宝庫です。スノーピークと、古代からの隔たれた村、豊かな野生生物、仏教院、素晴らしい湖が私たち一人一人を魅了します。
チベットと近接したこの地域は、彼らの先祖がネパールとの国境を超えたことから少し変化しています。

トレッキングコースは、現代でも、取引が難しい品々を運ぶため長距離を旅するヤクのキャラバンがその光景を盛り上げます。ドルポの人々は独自の方言と原始的なライフスタイルの文化を持っています。

トレッキング中にはいくつかのユニークな僧院(ゴンパ)を訪れることができます。シェイゴンパはチベットの人たちにとって重要な巡礼地でもあります。
ネパール北部にまたがる多数の孤立した高いヒマラヤの谷で知られているドルポエリアは、伝統的なチベット文化が保持されている、最後のなごりの一つです。
伝説によると、ドルポはグル リンポチェによってつくられた隠し谷の一つであると考えられています。それは、混沌とした時代の敬虔な仏教徒のための避難所であったと考えられ、僧院でチベット仏教に従うことで彼らのチベット文化を維持しています。

Lower Dolpo Trekking
ロウワー ドルポ トレッキング

ロウワードルポはドルポエリアの北西部分に位置し、もっとも隔てられた土地として、標高高い湖Shey-Phoksundoで知られています。
チベット高原に向かって、ダウラギリ山塊の後ろに、ネパール中西部でShey-Phoksundo国立公園内に位置しています。