マウンテンフライト

マウンテンフライトは 時間はないけどネパールの山を楽しみたい! 
という方にとても人気のあるアクティビティーです。

雪で覆われたピーク、美しい山々のパノマラビューを空中から楽しむマウンテンフライトは、
まちがいなくエキサイティングな経験となるでしょう!

フライトはカトマンズより出発します。
ヒマラヤ山脈とおなじ目の高さで、約1時間の遊覧飛行を楽しみます。

シンハルツアーでは、国内にいくつかある航空会社と提携しており、早朝の美しい景色が楽むことができます。

一度飛行場から東に向かって飛び立てば、北から南に広がるホワイトマウンテンが目に飛び込んできます。
左手のはるか向こうに側に シシャ・パングマ(Shisha Pangma)と呼ばれる、ゴサイタン(Gosaithan)(8,013 m) 、
そのすぐ右手には、雪に覆われた数字の8を横たえたような姿のドルジェ・ラゥパ(Dorje Lakpa)(6,966 m)が見えます。そのまた右に、カトマンズ盆地から浮かび上がるようにプルビ〜ギャチュ(Phurbi-Ghyachu)がみえます。

飛行機は更にヒマラヤに近づいていきます。
その次に見えてくるのが高さは5933mと小ぶりですが、
目立つ、まだ未登峰のチョバ〜バマレ(Choba-Bhamare)です。
そして、形の美しさもさる事ながら、宗教的にも重要な標高7134m、ガウリ・シャンカール(Gauri Shanker)。シヴァ神とその妻のガウリがこの峰を守っているといわれています。
1979年までは未登峰でした。この山もまたとても目立ちます。

さらに飛行機は東へ向かいます。東ヒマラヤの雄大な峰が続いていきます。
台地状のメルンツェ(Melungtse)7023m、
チュギマゴ(Chugimago)6297m、
ヌンブー(Numbur)6956mは空に盛り上がる胸の形をし、ソルクンブのシェルパの人たちにミルクを出していると信じられています。カリョルン(Karyolung)6511mは真っ白な峰で、日の出の光に照り輝く姿は息をのむ美しさです。
チョ〜オユ(Cho-Oyu)8201mは、世界第8位の高峰で、飛行機から見る姿はとりわけ美しいです。

ギャチュンカン(Gyachungkang)7952mは、登るのが極めて困難な山といわれています。その右にプモリ(Pumor)7161mがあり、次第にエベレストに近づいていくとヌプツェ(Nuptse)7855mがあります。
その名前はエベレストの西にあるので、「西の峰」の意味をさします。
そして世界最高峰エベレスト(8,848 m)ももちろん見えます。
エベレストはネパール語で「サガルマータ(Sagarmatha)」、
チベット語では「チョモランマ(Chomolungma)」と呼ばれています。
マウンテン・フライトで眼前にそびえる姿エベレストを見ると、
やはり地球上で一番高い地点、その神秘的かつ壮大さを感じることでしょう。